FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川面

川辺に腰をかけ流れを見ていた
   済んだ流れを見ていると
      川底を移動する魚が見える
         田舎者の目の細胞は多いのだろうか
            釣りや山菜取り、写真をやっている時
               ボクはそう思うことがある

強い風が川面を銀色に変える
   似ている、恋した時の心
      あのときの風は止み
         あのときの心は流れ去ってしまったのか
            どんなに見つめ続けても
               風は見えなかった

絶え間なく流れ続ける心の川
   誰の風に銀色に輝き
      誰の心にそそぐのか

         さあ、腰をあげよう
           この川に沿って海に出よう
              カモメが迎えに来た
                風を背に感じ歩き出そう

d2008_0601a0066.jpg
スポンサーサイト

コメント

目の細胞の数・・・ドキっとさせられました。
v-290

確かに、地方で育った人間って、空気や空や草の香り・・・空気の温度差・・・四季のうつろい・・・すごく敏感に感じることが多いような気がします。
それって、小さい頃の経験によるものなのかどうかはわかりませんが、でも・・・そのおかげで、生きている間に、たくさんの幸せを感じることができるってことでもありますものね・・・v-344
朝からなんだか素敵な気持ちになりました。
やすべいさん、ありがとうございます。
m(__)m

雪国もやしさんへ
緑の名前が600以上もある国は日本だけでしょうか(笑)
山に入り山菜を取る時、特有の緑色や形が刷り込まれます
それを繰り返しする事によって、習慣的に探せる目になってきます
人間て面白いですよね
写真も撮れば撮るほど、アングルを探したり、面白いものを見つけたり・・
・・・似ていますね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yasu2007bei.blog109.fc2.com/tb.php/98-93ad6914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

やすべい

Author:やすべい
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。