2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学際

北海道工業大学の大学際が来週はじまる

去年よりOBたちが自由参加できる宴会が企画され

毎年行われるようになった

私設OB会(笑)から参加の要請があった

今年は在学中の娘と一緒にでる予定だったので

「行くよ」と一つ返事を返し

「東京転勤だよ」と付け加える

「寂しくなるな、でも、いい壮行会になる」と友は笑う



800人の男子学生と11人の女子学生、恋の欠片も落ちていなかったキャンパスも

メイド姿の女子生徒や男子生徒(笑)、かなり女子が増えて明るく華やかになり

なんとチアリーダーもいる、でも当時30名を越えた応援団は今は二人

展示物がほとんどPC関係でしめられる


時代の流れを感じながら、薄暗い廊下から友の残像が蘇る

僕は、この大学で大した業績は残さなかった

写真ではミノルタの大学コンペで佳作

30人ほどの卒業設計の手伝をして、3つ賞をとった


元建築学会の会長「芦原義信」氏が世辞で「うちの事務所来ないか」といってくれた

それが一番の賞だった


ここで、いっぱい夢見てたなあ


田舎に残してきた好きな娘

いつかエプロン姿で珈琲を落としてくれる

そんな、たわいもない夢

彼女の「失踪」に幕を引いた


商業写真からの引き抜きが二社

給料を聞いたらアパートも借りられない

でも結婚式のバイトをしたら、なんとか出来たかも・・

田舎者には、自立しないといけないと思うから

飛び込めなかった


かなり年下の彼女・・・

今、何をしてるだろうか

幸せだったらいいな


無限の回想

友の顔、娘の顔


20年ぶりで校舎を撮影する僕に

「やあ!」と声を掛ける恩師

僕は、ここでは、写真家で存在できる

鼻の奥で蘇る酢酸のスメル

時間の止まった暗室

好きなだけカメラとフィルムと印画紙と語り合えた




好きな写真と計算した写真のギャップを感じたのも


このキャンパス・・・・・

今は、あきらめた夢の続きを歩いている


今、好きなように撮るのが楽しい

誰のためでもなく

想い人の、笑みがはじけるように
転勤前で、かなり心が波を打っています

書いてはUPできないでおります

写真は押しつぶされた時間の中で

シャッターを切れません

後ろ髪をつかまれたまま

北の地を後にします

片道切符の東京転勤

帰りの切符は約束無し


やるだけやるしかないべさ


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yasu2007bei.blog109.fc2.com/tb.php/131-37455d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

やすべい

Author:やすべい
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。