2007-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめき と 夕景

MJ2007_1028a0052.jpg

全文を表示 »

スポンサーサイト

好きなこと

笑顔を思い浮かべること

色々考えながら
手を動かし
スパイスを選び
時間を計り
加減を見極める
その先の笑顔を思い浮かべて


微笑を思い浮かべること

いつも探しながら
時を読み
構図を考え
露出を合わせ
時をとめる
見てくれるキミの微笑を思い浮かべて


安らかな瞳を思い浮かべて

気の利いた言葉も
駆け引きも出来ない
ただ思いつく言葉を
つなげてゆく
見つめてくれる安らかな瞳を信じて

全文を表示 »

ちいさな夢

この街で生まれた夢にであった
それは若く無謀で頼りなく
どんな大人でも認めることが出来ない
無視することも、握りつぶすことも
諦めさすことも出来た
でも、僕は夢を育てる事を教えてしまった

解らないことばかり
思いをぶつけるように生きてきた
夢は持っていたけど
育てることが出来なかった
もしも、まだ若さと自由があったら
アルミバックにカメラを詰め込んで
大好きなキミの笑顔の写真を一枚だけ胸にいれ
夢に向かって駆け出したい

残された時間何をしようか
もうスタートするには遅すぎる
今から出来ることがあるのなら
シャッターを押し続けることができるだろう
たった一人を微笑ませる写真を探して・・

全文を表示 »

ちっぽけな夢追いかけて
この町にきた
いつか夢はかわった
それでもこの町にいる
夢は消え、現実に生きる
この町に何故いるのだろう
いつもそう思う
緑を追いかけ
青を見上げ
白を目で追い
碧のかなたを想う
したいことはそれだけ

全文を表示 »

LT2007_0923B0167.jpg



心の闇は
心の光によって作られる
光を強く求める心が
現世の自分が闇に存在することを意識する

何も求めず
ただ生きて行けば
闇の存在などに気づかないでいられる
でも夢も希望もなしでは生きて行けない

誰もが追うのは
極平凡な日常の幸せ
ほのかに温かい小さな光
ただそれさえも見えなくなったとき
心に闇がかかり始める

全文を表示 »

撮れない空

こんなに空を見ているのは
なぜなんだろう
そんな疑問が浮かび上がる

あわただしい仕事の合間
ノーファイダーで撮ってゆく
なぜ・・一番好きだから

日の沈んだ後のやさしい余韻が
写真のように心に止まり
時間だけは無情に過ぎ去ってゆく
もっとこの光に包まれたいのに

全文を表示 »

秋の色

山が、木々が、秋が笑っている

カサカサと軽やかなステップで踊りながら

楽しそうに秋を唄っている

やさしい黄色のそんなイメージに包まれ

まぶしく秋を見つめる

秋が風が光を揺らし笑い声を散らす

軽い眩暈がおそう・・秋に酔う・・・

全文を表示 »

尽きぬ思い

何本目かのタバコに火をつける
立ち上る紫煙を見つめ
心をフラットにする
なぜ?心に問う
答えは永久に戻らない

心動いた笑顔も
ときめいた言葉も
もう思い出となっている
忘れられない想い
帰れない日々

ただ忘れるための
毎日を過ごす
一日一日かすかに薄れると
思いながら心を
ファインダーに向ける

ファインダーに
写し行く光景が
キミを追っていると
解ったのは二年目の秋
明るく微笑む秋

その向こうにキミがいた

全文を表示 »

永遠の秋

なんで今年は明るい秋を追いかける

追いかけながら心に問う

せつない秋を想うよりは・・・

どうせ撮るなら・・・

そんな言い訳を重ねてきた・・・

だけど・・・

全文を表示 »

I's

朝陽が身体を透過し
壁に影を作る
そのことだけが
自分の存在を確信させる
鈍感なボクは
死んでしまっても
気づかずに撮り続けてる
時々そんな気がする

KW2007_1006b0102.jpg


朝陽を浴びて
冷えた空気を
胸に流し込む
微かな秋の香を感じ
田舎道を進む
色んな秋の光と、遊ぶように
指先をせつなく動かす


KV2007_1006b0129.jpg


乾いた風を透過する
金色の光は温かく
命の終わったものを
優しく包み再生をはじめる
新しい命がゆっくりと
育ち始める

見慣れぬ秋の野菜
見慣れぬ秋の実が
異空間に存在する自分に
笑いかけてくる

KY2007_1006b0134.jpg

全文を表示 »

昇進した時の背広
多くなった出張に
買った鞄
暗闇の空港のウィンドに
写る自分の姿・・・
これを夢見たのか・・・

ただ平穏な日々の続き
それだけを望んでいた
夢ではなく、現実に活路を探していた

ガラスに映る
くたびれた姿に
残り少ない時間を
一人歩くせつなさに
思い描いていた無限は
実は無と背中合わせに存在し

一人歩く暗い道だけが続く
イメージが自分を押し倒そうとしていた

機上から見る夜景は
あの時と同じ
冷たい輝きを放し
真実の暖かい光の存在を否定していた

続く暗闇と点在する光を眺め
無限と無
真実と無
愛と無
全てが心の中で混沌とし
同一のものへ変わっていった

たとえそれが生と無であっても
カオスの中きらめく生も
背中合わせに無を抱えている

あの時と変わらない
何も変わらず
時間と出会いだけが
通り過ぎていく

小さな声でつぶやく
「愛している・・・」
でも、伝える相手のない愛は
無と同じだと、心が震える

全文を表示 »

カメラマン

撮って何ぼのカメラマン

死して帰る意味はなし

なぜに?

それは・・でかける前に

わかっていた

帰れないかもしれない未来を・・

全文を表示 »

近状・・・・



人事異動の季節
なんとか移動せずに済みました
ほっとしたつかの間
辞令ではなく(同一部署なので)
人事指令?が発動・・・
前職を兼任することになりました。

10/4.5.6は東京経由で茨城・栃木へ研修です

会社で私が使ってるリース車が新車入れ替えになりました


またCAD(キャド=作図ソフト)で図面を書きます
得意な仕事なんですが・・・壊れてしまうかも(笑)
とにかくやるしかない・・・でも、憂鬱です・・・

潰しが利くね、と言われますが・・
本人は器用貧乏としか想っていません(笑)

KR2007_0930b0224.jpg

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

やすべい

Author:やすべい
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。